about

concept

★pfri.netは、世の中に自分のことをメディアで配信したい!と思っている役者、声優、ナレーター、DJ、バンドマンやシンガーが集まったインターネットラジオ局です。近年は、誰でも手軽に音声や動画を配信することが出来るようになりましたが、少しでも反響を得られるようにしてあげたい、心ざしてる者同士、もっとクリエイティブに出来ないか、もっと世界中の人々にこんなたくさんの情報を届けられないかの信念の元、出来上がった活動団体です。数ある放送局の中、皆がこの番組を聞くことでハッピーになれる、アットホームな番組を届けたい…そんな団体を目指しています。

about

★pfri.netのルーツは、当時全盛だったCB無線やラジオ番組の真似事をカセットテープに録音し、友達に聞かせあい、その刺激でまた友達も録音するの繰り返しを行い、それがきっかけで1981年にミニFM放送局としてスタートしました。初期のミニFMでは、ブームとしてマスコミ等取り上げられていた時期もありましたが、90年代になってからはその姿も疎らになりかけて来ました。インターネットが当たり前になった今、ポッドキャストなどの普及に伴い、音声などの配信が気軽に出来る今となっては珍しくなくなりつつあります。現在pfri.netでは、軽快なトーク番組主体のものやアマチュア・インデーイズバンド紹介などを主に行っている団体となっています。

団体名 pfri.net (ピフリネット)
代表・局長 tsucchan♬ (土田まさあき)
活動内容 インターネットラジオ放送を主体とする。(ストリーミング、ポッドキャスト)
開局年月日 1998年3月9日(月)
放送時間 30分。毎週月曜日更新。現在7番組
スタッフ・パーソナリティー数 14名 (2021年3月現在)

 

pfri.netの語源

★「” pfri ” ってどういう意味なんですか」と、よく聞かれます。
現在の前の名称が「Power Free Radio エフエムネリマ」で、その文字の頭をとって「Power」のp、Freeのf、Radioのr、となり、「pfr」だと「ピー・エフ・アール」と発音するしかなく、それでは言いにくいということで「pfr」に、Internetのi、を追加して「pfri」(ピフリ)になりました。また、ドメインを「.net」として親しみがわくのではないかと思い「ピフリネット」。つまり、このネーミングになりました。完全な造語です。

全体組織

★pfri.netでは、代表・局長を軸にインターネットラジオの番組制作を中心に行っています。組織として、スタッフ・パーソナリティーが企画を進めています。基本的に、ディレクター プロデューサーをパーソナリティー スタッフ メンバーが兼任して番組制作を進めています。

これまでの生い立ち

★1993年10月、当時ナイスステーションの創設者のひとりだったtsucchan♬(土田まさあき)が、ミニFM放送局のWavyKids810局長 石塚大介と共に、ナイスステーションの女性新メンバー加入前提の協議を始め、1994年1月15日、その女性新メンバーをutility-FMにtsucchan♬ごと移管させることを外部から提案を受け、1994年5月31日に WavyKids810とナイスステーションを合併後解散させ、1994年6月中旬、その移管メンバーを招集。utility-FM傘下の第一制作班で活動して活躍していたのが、pfri.netの原点です。

1996年2月 utility-FM 第一番組制作、当時のメンバーと共に脱退。tsucchan♬こと土田まさあき、新しい放送局の構想を練る。
1996年4月12日 『POWER FREE RADIO エフエムネリマ』開局。スタッフ数6名。局長 tsucchan♬  周波数82.9MHz。KZI-FM夏見台、KICS-FM等とネットワーク開始。
1996年9月 tsucchan♬以外、全員脱退。ネットワーク局のみの放送となるが、元パーソナリティー メンバーの紹介により再活動をする。
1996年10月 インターネットラジオ放送局 模索開始。プログレッシブネットワークスのreal audio(現在のリアルネットワーク)に出会う。
1997年4月5日 新メンバー13名加入。
1997年5月31日 番組2本、ネットワーク4局体制で、本格的に活動開始。
1997年6月22日 東京都練馬区立豊玉小学校で収録活動開始。
1997年9月10日 Webサイト開設。(InterQでの開設)  インターネットラジオをreal audio形式で試験放送開始。
1998年1月24日 独自ドメイン”pfri.net”取得。real audio対応レンタルサーバーに移行。
1998年3月9日 インターネットラジオ“pfri.net”開局。「fun! fun! fun!」「東京千夜一夜すとーりーず」「ともみの高木淳な夜」の3番組を配信。それに伴いPower Free Radio エフエムネリマ閉局。「インターネットラジオ番組制作班」と「ミニFM番組制作班」の2つの班に分かれる。
1998年9月 インターネットラジオでの活動を主軸とするため「ミニFM番組制作班」(番組「日乃丸食堂」「じゅんこちゃんず」「Swanky Mimic Show!」) が、サーブFMに移籍。
1999年6月 東京メトロポリタンテレビジョン(MXTV)の「東京FILE23」に取材される。
1999年10月 番組「fun! fun! fun!」の2代目相方として「ごってぃ」が正式加入。
2000年1月1日 Webサイトリニューアル。on-air pfri.net ドメインに一部コンテンツを分岐。
2000年1月31日 番組「aufRaize カルビ★ステーション」開始。
2000年4月8日 個人的事情により、fun! fun! fun! から、ごってぃ脱退。
2000年5月25日 月刊情報誌 Lazuda(山陰地方限定) 6月号にaufRaizeとpfri.netが掲載。
2000年6月13日 Webサイト全面リニューアル。橙色と黒色ベースに変更。
2000年6月15日 東京新聞「とことんパソコン」掲載。
2000年7月 夕刊フジ「おもしろ倶楽部」掲載。
2000年8月18日 KKベストセラーズ発行「めるフレ! Magazine 9月号」にaufRaizeとpfri.netが掲載。
2000年8月29日 株式会社アスキー発行『WindowsPower9月号別冊 Webガイド』にCD-ROMと記事が掲載。
2000年9月 「aufReize カルビ★ステーションの」ROZA札幌にて、単独オフ会開催。UHB北海道文化放送「ともだっち~ず」(8分番組)9/25~28にオフ会、aufRaizeとpfri.netが紹介される。同時期、番組「カルビ★ステーション」に当時のUHBアナウンサー竹中美彩さんがゲスト出演。全国民放AM各局放送「にっぽん全国人間ネットワーク」(パーソナリティー:さいたまんぞう)が9/1から9/3に放送され、pfri.netが紹介される。ROZA出演。
2000年9月11日 番組「fun! fun! fun!」 3代目相方が決定、ともみが1年半ぶりに復活。
2000年11月24日 株式会社アスキー発行のインターネット情報誌「アスキーネットジェイ」12/8日号特別付録「インターネット放送番組完全ガイド」にfun! fun! fun!の番組紹介が掲載。
2000年12月2日 NHK総合テレビジョンの番組「いっと6けん」(関東地方及び伊豆地方のみ放送)で11/23六本木Y2Kで行われたaufReizeライブ及び当局模様を8分程度特集。
2001年1月1日 onair-pfrinet.to.fmのドメインを廃止。
2001年2月21日 メールマガジン「pfri.net friends」スタート。
2001年6月25日 三才ブックス刊行「ラジオライフ7月号」掲載。
2001年7月 練馬区教育委員会・教室開放事務局・教頭先生とpfri.netの活動範囲や施設利用の対立から、豊玉小学校での活動を断念。
2001年8月 新スタジオ(局長自宅) に全面移行。
2001年12月23日 三才ブックス主催「東京ペディンション」(東京国際フォーラム)で、ミニFM放送局「FMこうもり」に参加。
2002年2月 以前パーソナリティーだった、ゆみとじゅんこが復活。番組「もっといけないLIPS」開始。
2002年3月 ROZA降板。「カルビ★ステーション」とりあえず閉めることに。
2003年3月 番組「もっといけないLIPS」から、個人的事情により “ゆみ”  が pfri.net卒業宣言。
2003年4月 Webサイト2年半ぶりにリニューアル。それ以降、fun! fun! fun! のみの放送となる。
2007年1月9日 ポッドキャスト「podcasting@pfri.net」開始。それに伴い、real mediaでの配信からmp3の配信に切り替えを行う。
2007年4月23日 MDやDAT中心の収録スタイルからDAWに完全移行。
2012年4月16日 番組ごとの「レギュラー番組」と「イレギュラ番組」にカテゴライズ。(現在はカテゴライズなし)
収録機材をWindowsに切り替えを行う。
2012年9月24日 番組「Funny Voice Room」「ドリラジ」「紫貴~murasaki~の非行幻似」開始。
2012年10月15日 番組「サリィとゆきなのねりパラ!」開始。
2012年10月29日 番組「fun! fun! fun!」 4代目相方として、安川ミチヨが加入。
2012年12月24日 番組「ドリラジ」終了。
2013年8月12日 番組「TMN夢かな放送局」開始。
2013年11月 番組「fun! fun! fun!」が、安川ミチヨの後任として、村咲るなが加入。村咲は5代目になる。
2014年6月23日 番組「サリィとゆきなのねりパラ!」終了。
2014年9月29日 番組「突撃!!アラサー24時!!」、「Happy Castle」開始。
2015年1月1日 メールマガジン「pfri.net friends」通算第59号発行をもって凍結することに。
2015年2月16日 番組「TMN夢かな放送局」で、山本詩織が準レギュラーとして加わる。
2015年3月23日 番組「Haapy Castle」 から、福富遥が自己都合により脱退。後任は入れず、高山舞奈美とゲストで対応。
2015年4月1日 Alpha SSL を導入。
2015年8月3日 番組「突撃!!アラサー24時!!」終了。
2015年9月1日 スマートフォン専用サイト、m.pfri.netを公開。
2015年10月26日 番組「おとなの放課後」開始。
2016年1月1日 Webサイト リニューアル HTML5に全面移行。
2016年3月21日 番組「Happy Castle」終了。
2016年4月23日 番組「おとなの放課後」から、pecoが脱退。後任は入れず、3人で進行することに。
2016年5月23日 番組「けせらせらじお」 開始。
2016年9月5日 番組「fun! fun! fun!」 終了。
2016年12月5日 番組「あみなとくるみのアニックradio」 開始。
2017年1月23日 番組「仏子と清華のJack in the box♪」 開始。
2017年5月8日 番組「おとなの放課後」終了。
2017年7月24日 番組「TMN夢かな放送局」で、滝沢じゅんが卒業。山本詩織と2人体制に。
2017年8月21日 番組「あみなとくるみのアニックradio」 終了。
2017年9月11日 番組「けせらせらじお」 終了。
2017年9月18日 Webサイト一部リニューアル。レスポンシブデザインに変更。PC&スマートフォンに最適化。それに伴い、m.pfri.net廃止。
2017年11月1日 常時SSL化を実現。
2018年3月5日 番組「ドリームRUSH」 開始。
2018年8月6日 番組「喫茶 Trois Waltz」 開始。
2018年11月5日 番組「もぐもぐラジオ」 開始。
2018年12月3日 番組「喫茶 Trois Waltz」 終了。
2018年12月10日 番組「Funny Voice Room」 終了。
2018年12月17日 番組「ドリームRUSH」 終了。
2019年1月21日 番組「学問のススメ」、「桜吹雪の友達100人出来るかな?」 開始。
2019年6月17日 番組「学問のススメ」 終了。
2019年7月1日 番組「もぐもぐラジオ」 一時休止。
2020年3月13日 WebサイトをWordPress化。
2020年7月11日 新型コロナウイルス感染症予防(都内緊急事態宣言発令中等)の一環として、番組「TMN夢かな放送局」で一部リモート収録の試験実施を開始。
2020年10月19日 番組「あつまれ 心理学の森」、「Radio Room 606」 開始。
2021年1月10日 コロナ禍の中、番組「紫貴の非行幻似」以外、当面完全リモート収録を実施。
2021年3月29日 番組「桜吹雪の友達100人出来るかな?」改め「時任縁の先生!教えて?」開始。